婦人科がん検診

婦人科のがん検診について

当院では、細胞診と超音波機器による「子宮頚がん」「子宮体がん」「卵巣がん」の検診を行っております。それぞれ検査方法は異なりますが、ご希望される方には一度のご来院ですべての検診を実施することも可能です。

ご存知の通り、がんは早期発見が非常に大切な病気です。婦人科のがん検診については、目安として少なくとも1〜2年に一度は受けていただくことを推奨しております。検診を受けることで、がんでなくても例えば子宮筋腫や卵巣の腫れが見つかることもあります。そして何もないことがわかれば安心感に繋がります。

特にこれまで一度も婦人科のがん検診を受けたことがない方は、まずはお早めにご相談にいらしてください。

子宮頚がん

子宮の入口からすぐ内側の部分を「子宮頚部」と言い、そこに発生するがんのことを「子宮頚がん」と言います。子宮頚がんは、初期は自覚症状がありませんが、進行すると不正出血したりや異常なおりものが増えたりします。

子宮頚がんの発生にはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が深く関わっており、子宮頚がんになった方の90%以上からこのウイルスが検出されています。ヒトパピローマウイルスは性交渉で感染し、その後自然に治ることがほとんどですが、感染した状態が長く続くと前がん状態になります。

その状態でも子宮頚がん検診によって発見することができますので、年齢問わず、性交渉の経験がある方は、定期的に子宮頚がん検診を受けるようにしましょう。

子宮頚がんワクチンについて

子宮頚がんの原因であるヒトパピローマウイルスのワクチンがあります。ワクチンを接種することで70~80%の子宮頚がんを約20年間予防できると考えられています。ヒトパピローマウイルスは性交渉が原因で感染するため、できれば10代の早い時期(性交渉を経験する前)に接種されることをお勧めします。もちろん既に性交渉の経験がある方も対象となりますので、お気軽にご相談ください。

子宮体がん

子宮の中は「内膜」と呼ばれる膜で覆われており、その部分ががんになることを「子宮体がん」と言います。閉経後の女性が発病することが多く、主な症状は出血です。そのため閉経後に出血が見られた時は、検査を受けるようにしましょう。

子宮体がんの前段階として「子宮内膜増殖症」と呼ばれる良性の病気があります。子宮の内膜が厚くなり、月経やおりものの量が増える、月経が長引く、月経時以外に出血が見られるといった症状が出ます。

なお、高脂血症・高血圧・糖尿病・肥満の方、妊娠経験のない方、子宮体がん・卵巣がん・乳がん・大腸がんを発病した血縁者がいる方は、そうでない方に比べて子宮体がんになりやすい傾向があります。これらに当てはまる方は、症状がなくても年に一度は検診を受けるようにしましょう。

卵巣がん

卵巣にできる腫瘍のうち85%は良性ですが、残り15%は卵巣がんとなります。卵巣がんは、初期は全く症状がなく、腹痛やおなかの張りなどの症状でご来院された時には、既にがんが卵巣の外にまで拡がっているということがよくあります。ただし、転移しにくい卵巣がんの場合は、早めに発見されることもあります。

妊娠経験のない方や、子宮体がん・卵巣がん・乳がん・大腸がんになった血縁者がいる方は、そうでない方に比べて卵巣がんになりやすいため、年に一度は超音波検査を受けるようにしましょう。良性の卵巣腫瘍が発見された場合も、その後、卵巣がんになる可能性があるため経過観察が必要です。