診療案内

性感染症・避妊相談

性感染症(STI)について

性感染症には様々な種類があり、特に女性の場合は男性よりも症状が重く、不妊症や流産、早産の原因にもなるため注意が必要です。妊娠を望まない性交渉では、避妊のためにも必ずコンドームを使用するようにしましょう(ピルを服用している方も性感染症予防のためにコンドームを使用しましょう)。

性感染症の主な症状

  • 発熱
  • リンパ節の腫れ
  • 腹痛
  • 下腹部痛
  • 喉の痛み
  • 発疹
  • 性交痛
  • おりものの異常(色、臭い、量)
  • 外陰部の痛み など

これらの症状がある時は、早めに検査を受けましょう。また、治療は必ず相手の男性も一緒に受けるようにしてください(男性は泌尿器科での治療となります)。

性感染症の種類

クラミジア

男性の場合は排尿痛などを伴う尿道炎を引き起こしますが、女性は自覚症状が出にくいという特徴があります。ただし、女性が感染したまま放置すると、子宮頚管炎を起こし、さらに卵管炎や腹膜炎を引き起こすことがあります。早期に発見すれば治療できる病気です。

淋病

男性の場合は尿道炎などの激しい痛みを伴う膿の排出が起きますが、女性の場合は症状があまりなく、進行すると膿のようなおりものが出ることがあります。さらに、進行すると子宮内膜炎や卵管炎や腹膜炎を引き起こすこともあり、不妊症の原因にもなります。ただし、早期に発見すれば治る病気です。

ヘルペス

ヘルペスウイルスの感染症で、初めて感染した時は水泡が出来て、それが潰れて潰瘍になり激しい痛みを伴います。また、女性の場合はお産の時に発病すると、母子感染の恐れがあり、場合によっては帝王切開が必要になります。再発の可能性が高く、その都度治療したり、予防的に抗ウイルス剤を飲み続けたりする必要があります。

尖圭コンジローム

ウイルス感染症の一つで、かゆみを伴うイボ(腫瘍)が単発または多発し、カリフラワー状になるといった症状があります。この病気は母子感染の危険性もありますので、出産前の治療が必要です。また、再発の可能性があるため、その度に治療することになります。

トリコモナス

トリコモナス原虫による感染症で、男性の場合は無症状ですが、女性は黄色く臭いの強いおりものが出て、かゆみも伴います。早期に発見することで、完治が可能です。

HIV、エイズ

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染すると、2~4週間後に発熱、頭痛、咽頭痛、発疹、関節炎など、風邪のような症状が出ますが、すぐに消失します。その後、無症状のまま数年から十数年の長い潜伏期間が続き、体内でウイルスが増殖して免疫システムが徐々に破壊されていきます。そして免疫力の低下した後に改めて発熱、体重減少、下痢などの症状が現れます。進行するとカリニ肺炎や結核といった感染症や、カポジ肉腫などの悪性腫瘍を併発します。この段階をエイズといいます。現在はHIVの有効な治療法は見つかっていませんが、薬によって発病を抑えることは可能です。

梅毒

細菌感染症の一つで、初期段階は赤く固い腫れ物ができ、約3ヶ月後にはその赤みが全身に広がります。さらに進行するとゴム腫などの皮膚症状が現れます。早期に発見して適切な治療を受ければ完治できる病気です。

避妊相談

低用量ピル

避妊を目的としたピルで、当院では「28日タイプ」を処方しています。また、「子宮内膜症に伴う月経困難症」の場合は、保険診療で低用量ピルを処方いたしますので、お気軽にご相談ください。

避妊リング

避妊リングとは、避妊のために子宮内に挿入する器具です。一般的に、プラスチック製のものと銅つきのものがありますが、銅製の避妊リングの方が、避妊率は高いと言われています。リングの挿入時期は、生理が始まって10日以内と決まっていますので、ご希望される方はこの期間内にご来院ください。なお、リングは一度挿入したら、およそ5年間使用可能です。

モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)

何らかの理由で性交渉後に避妊が必要になった方には、モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)を処方しています。人工妊娠中絶術という、女性にとって肉体的にも精神的にも負担の大きい選択を回避できるため、そのメリットは想像に難くないものと思われます。ご希望される方は性交渉後72時間以内にご来院ください。