診療案内

子宮のお悩み

子宮筋腫

子宮筋腫とは、子宮の筋肉層を構成する「平滑筋」に発生する良性の腫瘍です。婦人科疾患の中で最も多く見られる疾患で、生殖年齢の婦人の30%近い割合は子宮筋腫になると言われています。発生原因は不明で、子宮の体部に発生し多発することがほとんどです。また、大きさや発生場所によって様々な症状があり、中には無症状な方もいらっしゃいます。子宮筋腫は女性ホルモン(エストロゲン)と大きく関係しているため、生理があるうちは増大する可能性があります。

 

子宮筋腫の症状

  • 過多月経、不正性器出血
  • 月経困難症
  • 不妊症(着床障害)
  • お腹の圧迫感
  • 腰痛
  • 頻尿
  • 水腎症 など

子宮内膜症

子宮の内側には「子宮内膜」と呼ばれる膜がありますが、これが子宮の外側など違う場所に発生することがあり、これを「子宮内膜症」と呼んでいます。最も子宮内膜症が発生しやすいのは「子宮と直腸の間」で、それ以外には「腹膜」や「卵巣の中」に見られることもあります。月経の際、子宮内膜の一部が子宮から逆流し、卵管を通り腹腔内に拡散して内膜の一部がそこで発育するのが原因だと考えられていますが、まだ明らかにはなっていません。

子宮内膜症の患者数は全国に200万人おり、年代別では20代~30代の女性に多い傾向があります。また、月経のある女性の10%に発症するといった統計もあります。子宮内膜症は不妊の原因にも関係があり、この病気になった方の約半数は不妊というデータもあります。当院では問診や内診、血液検査、超音波検査装置による診断を行っていますので、以下の症状に当てはまる方は早めにご相談ください。

子宮内膜症の症状

  • 激しい生理痛
  • 月経時以外でも下腹部が痛む
  • 腰痛
  • 排便時の痛み
  • 腹部の膨満感
  • 性交痛
  • 月経過多
  • 不妊 など

子宮脱

子宮は、周辺組織によって骨盤内で一定の位置に支えられています。そのため周囲にある靭帯などが弱まると、子宮が膣の中に下降してしまいます。 その時、子宮が膣内に留まっている状態を「子宮下垂」、膣の外まで出てしまった状態を「子宮脱」と言います。特に胃下垂を起こすような無力的な体質の女性は、先天的に靭帯が弱く、子宮の脱垂を起こしやすいと考えられます。また、後天的な原因としては、分娩時の骨盤底筋の損傷などがあります。

当院では問診、内診、血液検査、超音波検査装置による診断を行っており、診断結果に応じて保存的療法(ペッサリー挿入)などの治療を行います。なお、手術が必要なこともあり、その場合は大学病院などの適切な医療機関をご紹介しております。

子宮脱の症状

  • 腹部の違和感
  • 子宮が垂れ下がっている感覚
  • 歩行困難
  • 膀胱脱
  • 排尿障害
  • 直腸脱
  • 排便障害 など